JPOAレジストリー

日本小児整形外科学会(JPOA)ではアカデミア向けの電子登録システム(REDCap)を採用し疾患登録(JPOAレジストリー)を行うこととなりました

小児整形外科疾患の発症数、患者動向などの疫学データ、診断・治療に関するデータを収集し、その解析結果から各疾患の原因究明、治療法の検討・開発など、小児の健康・福祉の向上に貢献することが目的です

登録対象患者さんは、登録対象疾患であると2020年1月1日以降に初めて診断(診断医療機関は問いません)された患者さんです。登録者はJPOA正会員もしくは正会員から指示をうけた入力担当者(守秘義務が課せられた者に限る)です

登録開始は2020年1月1日です。詳細については下記より、一般の方は『一般の方用ページ』へ、学会会員の方は『会員ページ』へお進みください

詳細(一般向け公開情報)

詳細(会員※要ログイン)